ファックスはコンビニとインターネットどちら方が送信料・受信料が得か比較!

ファックス機をお持ちでない方は、どうしてもFAXを送信しなければならない場合、
コンビニでFAXをする方は多いかと思います。

 

だけど、コンビニのFAXが実際安いのか、気になったことはありませんか?

 

当サイトでは、コンビニでFAXを送受信する方法と、
最近話題のインターネットでFAXを送受信する方法、どちらがお得なのか、検証してみました!

 

コンビニと VS インターネットFAX

 

コンビニとeFAX

 

会社単位ではもちろん、個人でもインターネットFAXを利用する人が増えてきました。
インターネットFAXのサービスは提供している会社は多数存在しますが、
今回は、インターネットFAXの中でも特に人気が高く、お値段もお得なeFAXと比較しながら解説していくことにしましょう。

 

その他のインターネットFAX会社については、下記サイトが参考になります。
参考サイト:ネットFAX.jp|無料〜格安まで料金比較!どれが一番お得?解約方法も

 

◆コンビニのFAX送信料はいくら?

最近のコンビニでは、FAXの送信については簡単に行うことができるようになりました。
セブンイレブンをはじめ、ローソン、ファミリートなど大手のコンビニで利用することが可能です。

 

料金はどのコンビニでも1枚50円となっており操作も簡単です。

 

◆eFAXのFAX送信料はいくら?

一方eFAXはどうなのでしょうか。
月払いプランと年払いプランに分かれているのですが、
月払いプランであれば1,500円(税抜き)で利用することができます。

 

実はこの料金の中に無料分が含まれており、150ページ分まで無料で送信することができるのです。
また150ページを越えた後も国内への送信であれば1ページ10円で送付することができます。
そのため、FAX送信をたくさんする場合は、使えば使うほどeFAXの方がお得だといって良いでしょう。

 

◆コンビニのFAX受信料はいくら?

次にFAXの受信に関してですが、コンビニで受信するためには、専用のサービスに登録する必要が出てきます。
登録は無料ですし、手続きも簡単なのですが各コンビニよって利用するサービスに違いがありますので、
事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

例えばセブンイレブンであれば、クロネコ@ファックスというサービスを使用することでFAXの受信が可能となりますし、
ローソンやファミリーマートであればクロネコFAXというサービスを使用すれば、FAXを受信することができます。

 

料金はセブンイレブンの場合が白黒1枚で100円。
ローソンやファミリーマートでは1枚50円です。

 

◆eFAXの受信料はいくら?

一方eFAXの場合ですが、先ほどの送信時のときと内容は同じで150ページ分の受信までは無料です。
150枚を超えた場合は、1枚に付き10円掛ります。

 

まとめ〜どちらが安い?〜

このように見ていくと、送受信いずれにおいてもネットFAXであるeFAXの方が何かとお得であることが分かります。
もちろん本当にたまにしか使わないのであればコンビニの方が安いですし、手間も問題ありませんが、
コンスタントに利用するのであれば、eFAXを利用してみてくださいね!

 

コンビニで送るFAXとインターネットFAXのメリット・デメリット比較!

さて、ここまではコンビニFAXとネットFAXの料金を比較してきましたが、
ここからは、FAXをコンビニで送信する場合と、インターネットFAXのサービスを使って送信する場合の、
それぞれのメリットとデメリットについて取り上げながら、詳しく解説していくことにしましょう。

 

メリットは?

 

コンビニFAXの場合・・・

まずメリットからですが、コンビニでFAXを送信する場合、特に面倒くさい登録が必要ないということが挙げられるでしょう。
また、月に1枚程度など、頻繁にFAXを利用しないのであれば、コンビニを利用した方が確実に費用を抑えることができます。

 

インターネットFAXの場合・・・

一方、インターネットFAXの場合はどうなのでしょうか。
最近はスマートフォンや携帯電話メールから簡単にFAXの送信・受信が出来るようになったため、
場所や時間を選ぶことがなくなりました。

 

また頻繁にFAXを使用する人であれば、
コンビニを活用するよりもかなり費用を抑えることができるでしょう。
インターネットFAXのサービスを提供している企業にもよりますが、
そのほとんどが月額1,000円前後で利用することが可能となっています。

 

データの容量や枚数によって無料枠が設けられているケースもありますので、
上手に活用すれば月額費用内にすべて収めることができるでしょう。

 

デメリットは?

 

コンビニFAXの場合・・・

次にデメリットについてですが、コンビニでFAXを送信する場合は
毎回コンビニまで足を運ぶ必要がありますし、利用料金も割高です。
何らかの緊急事態があって、どうしてもFAXを利用しなければならない場合は便利ですが、
頻繁に使用するならかなりの負担となるでしょう。

 

インターネットFAXの場合・・・

一方、インターネットFAXのデメリットですが、ネット環境に左右されるということを挙げることができます。
ネット環境が整っていない場所では送信が出来ないのです。

 

また、頻繁に送信する場合は意外と料金が高くなるケースもあるでしょう。
基本的に受信は無料となっている企業が多いのですが、
送信は特定の企業を除いて有料であることがほとんどです。

 

まとめ〜自分に合ったサービスが一番!〜

 

まとめると・・・コンビニとインターネットFAXとどちらが良いのかということについては、
やはり使用頻度によって変わりますね!
定期的に使用するならインターネットFAXの方が何かと便利でしょう。

更新履歴